セレモニーの流れ

私どもは浄く正しく心を込めて
大切な瞬間のお手伝いをさせていただきます。

※宗教・宗派によって異なります。

忌明けの日までの間、七日おきに法要があります。忌明けまでの間の法要は、初七日と四十九日以外は、遺族のみで行うことが多いようです。一般的には四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。

※宗教・宗派によって異なります。

追悼法要

初七日
(しょなのか)

【初七日法要】
  • 亡くなられた日より数えて七日目に執り行います。
    現在は告別式に繰り上げて行う事が多いようです。
    七日目にはお線香をあげて故人を偲びましょう。
  • 主に葬儀でお世話になった人を招きます。

墓所・墓石のお打ち合わせ

墓誌へ戒名彫とご納骨日時を石材店へ連絡

二七日
(ふたなのか)

お仏壇の注文

お位牌の注文

  • 白木の位牌は三十五日か、四十九日法要までの間に本位牌に作り変えて仏壇に安置します。
  • 新しく求められた仏壇(本尊・本位牌)は住職へ開眼のお願いをします。四十九日法要近くになると忙しくなりますので、四十九日前が多いようです。

三七日
(みなのか)

四七日
(よなのか)

五七日
(ごなのか)

六七日
(むなのか)

【法事の準備】
  • 住職と法事の日時を決めます。
  • 会場、料理店の取り決めをします。
  • 列席者の人数の確認をします。
  • 案内状の作成。少なくとも1ヶ月前には通知します。
  • 料理、飲み物の予算を立てます。
  • 引菓子、引出物の手配をします。
  • 卒塔婆をあげる人の連絡をします。
【各種名義変更手続】
  • その他各種変更届けの手続きを行います。

七七日
(しちしちにち)

四十九日

【四十九日法要】忌明
  • 忌日の終わりとして、一連の法要の中でも盛大に行います。この日は近親者や知人、友人を招き、ご納骨をすませ、会食をします。

百か日

  • お寺へのお布施を供え、お墓に卒塔婆を立て、お墓参りをします。
  • 身内の者、友人、知人を招きますが、最近では家族だけで内輪にすませる事も多いようです。

その年の11月末

年賀欠礼状

  • 喪中の時は年賀欠礼状を出します。
  • 喪中の範囲は、父母子供、兄弟・姉妹、義父(夫や妻の父)。義母(夫や妻の母)はほとんどの方が喪中としています。

新盆

盆棚の準備

  • 四十九日が過ぎて初めて迎える盆を「新盆(にいぼん・あらぼん)」と言います。
  • 親族や故人にゆかりのあるかたがたを招きます。
  • 早めに住職へお盆の読経をお願いしましょう。

年忌法要
(1周忌からのご供養)

一周忌 満1年目 遺族、親族、知人が参列し、一同で焼香・会食を行います
三回忌 満2年目 遺族だけで供養するのが一般的です
七回忌 満6年目
十三回忌 満12年目
十七回忌 満16年目
二十三回忌 満22年目
二十七回忌 満27年目
三十三回忌 満32年目 弔い上げ(とむらいあげ)ともいわれ、以後は位牌を祀ります